木曜日, 2021年12月23日

ストレス解消に効果的な方法とは?ストレス解消法の具体例をご紹介します!


感情やストレス要因を紙に書いてみる

ストレスを抱えている時、同じことを繰り返し考えがちです。いつまでも次の段階に進めなくなってしまうと、精神的にはもちろん、身体面にも影響が出てきます。例えば、疲れていても眠れなくなったり、食欲がなくなるなどです。心身ともに消耗しきってしまうと、ストレスを解消できなくなります。状況が悪化する前に、自分の気持ちやストレスになっている事柄を紙に書いてみましょう。包み隠さず、思ったことをありのままに書くのがポイントです。

文字にして客観的に見ることで、「自分はこう思っていたんだ」とか「これはここまで悩む必要があるのか?」など、気持ちを整理することができます。書いた紙は記録として残しておいても構いませんが、振り返ると辛くなるという人は破いたりシュレッダーにかけて処分しましょう。

涙を流してリフレッシュ!

ストレスを抱えすぎると、感情が上手く引き出せなくなることがあります。泣きたいのに泣けない、笑いたいのに笑えないなど、まるで麻痺したようになります。感情の中でも、泣くことはストレス解消に繋がる大切な手段です。涙にはストレスホルモンを排出する効果があるためです。しかし、むやみに泣けば良いわけではありません。泣ける映画やアニメなどを見て泣くことで、リラックスした気持ちになる副交感神経が働きます。正しい方法で涙を流してリフレッシュしましょう。

とにかく寝て気分転換!

睡眠は疲れ切った脳を休ませることができます。ぐっすり眠ることができれば体力も回復できて、あらゆる疾病のリスクを軽減することも可能です。

精神的に疲れを感じた時は品川の心療内科に相談する事もできます。相談内容に沿った具体的な治療を受ける事も可能です。

Back to Top